相手を大切にするため

学校・教育

[ 2020年 12月 11日 金曜日 15時31分 ]

 飯田市旭ケ丘中学校の友結委員会(木下依純委員長)による人権教育の授業が10日、3年生の5クラスで行われた。委員が進行役を務め、普段の言動を振り返りながら、相手を大切にして生活するためにできることを考えた。

 人権やあいさつの大切さなどを啓発する同委員会が、人権週間にあわせて毎年実施。「いじめのない思いやりのある学校をつくる」ことを目的に、各クラスの委員が授業を行っている。

 1、2年生は8日、3年生は10日に開いた。3年1組では、木下委員長ら委員3人が受け持ち、事前に実施した人権に関するアンケートの回答を全員で確認し、気付いたことを発表した。

 言われてうれしい言葉・傷つく言葉、してもらってうれしい行動・傷つく行動が記されたアンケート結果から「うれしくなることや傷つくことは皆同じ」「傷つく言葉のほうが種類が多い」などの意見が挙がった。

 また3、4人のグループに分かれ、用意された台本をもとに傷つく言動をする人・される人、傍観する人を演じ、感想を出し合った。傍観する役を演じた生徒の中には「気分が悪くなった」「止めないとと思っても、怖くてできない」といった声もあった。

 最後に、それぞれが「人を大切にする宣言」を実施。「悪口や陰口を言いません」「人がうれしいことをする」「相手の気持ちを考えて行動する」など、相手を傷つけないために、普段の生活で気を付けたいことを考えて発表していた。

◎写真説明:グループに分かれ傷つく言動をする役・される役などを演じる生徒(旭ケ丘中で)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞