県境域開発協議会愛知大が特別講座

学校・教育

[ 2017年 11月 25日 土曜日 14時57分 ]

003kenzakai

 長野・愛知県境域の5町村でつくる県境域開発協議会(会長・永嶺誠一天龍村長)は愛知大学と連携を図り、9月から同大地域政策学部の3年生以上を対象にした特別講座を開いている。大学側の窓口で三遠南信地域連携研究センターの黍嶋久好研究員(69)は「三遠南信地域の政策実態を学び、現場に返していくことで双方のメリットを生み出せれば」と期待を寄せる。

 同協議会を構成する5町村(阿南町、天龍村、売木村、根羽村、愛知県豊根村)が「地方自治体の地域創生政策と地域経営」をテーマに全15回の講義を寄付講座で開設した。講師は町村長や同大出身の役場職員のほか各地域団体が担い、豊橋校舎で1月まで開く。

 10回目となった21日は天龍村地域おこし協力隊の3人が講師を務め、協力隊目線からの地域づくりについて、体験や思いを学生らに伝えた。

 同村の地域おこし協力隊は、村民の協力に感謝する意味を込め「ありが隊」と呼んでいて、現在6人(男性4人、女性2人)が活動を展開。講義で3人は自己紹介や取り組み事例を発表した。

 このうち昨年9月に着任した東京都出身の福本明花(はるか)さん(23)は、同村の山村体験ツアーに参加したことがきっかけで毎月1回は村に訪れるようになり「ここで暮らしたい」と協力隊に応募した。

 自分視点の地域おこしについて「地域の人が主体になって動くことが望ましく、協力隊はその背中を押す係」と強調。「外から村の良さを伝えることが大事」と述べた。

 福本さんは人口減の村における買い物支援に積極的で、他地域との特産品の交換販売などにも挑戦。任期終了後は起業やNPOの立ち上げも視野に「これをやりたい!を実現できる仕組みをつくりたい」と語った。さらに「楽しむ心を大切に。世界は広い、若いうちは失敗しても大丈夫」と学生らに伝えた。

 同大地域政策学部の学生らは、これまでに西南部町村でフィールド研究などを行っていて住民との交流経験もある。黍嶋研究員によると、特殊講義も実現に向け1年間検討してきたといい、「地域の取り組みを学び、双方で研究する場にしていきたい」と話している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞