県飯田技専校で技能フェスタ開催

学校・教育

[ 2017年 3月 6日 月曜日 15時22分 ]

003gisenko

 飯田市松尾明の県飯田技術専門校(熊谷和史校長)で5日、創立70周年記念「技能フェスタ2017」が開かれた。今年で27回目。昨年までは3月の第1土曜日に開催していたが、4月から入学予定の訓練生が高校の卒業式と重なることから、今年は日曜日に初めて開催した。

 車両整備科(2年制)と木造建築科(1年制)の訓練生がそれぞれ1年間の訓練の成果を発表。実用的な木工製品の即売や工作体験、無料タイヤ交換、無料日常点検なども行われ、毎年楽しみにしている人たちが多い。今年は日曜開催に加え、天気にも恵まれ、周辺に用意した駐車場が満車状態となる盛況ぶりだった。

 お目当ての展示即売には、100円の小物から2万5000円のテーブルセットまで90種類550点と昨年(50種類300点)の1・8倍に上る実習製品が出品された。小物販売と抽選販売で買い求める人たちで活況を呈した。これらの実習製品は訓練生が3人ぐらいで関わって作った作品で、少しずつ改良したり新作もあるという。

 新作で注目度の高い、訓練生の企画立案という三拍子そろった「猫タワー」を抽選販売で購入した喬木村の男性(36)は「家で猫4匹を飼っており、祖母が新聞で見て欲しいと聞いて買いにきた。喜んで報告できる」と笑顔を見せた。

 70周年記念イベントとして、松尾太鼓教室の園児から中学生までの「松尾こども太鼓」の演奏や、1937(昭和12)年式のダットサン16型セダンなどの展示も行われ好評だった。

 同専門校が「大工一環教育」で提携する飯田高等職業訓練校(同市東新町)や、本年度開校した県南信工科短期大学校(上伊那郡南箕輪村)の教育内容を紹介する各コーナーも登場した。

 同専門校では、4月入校の訓練生を8日まで募集している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

花火の下で盆踊りの輪

8月12日水曜日15:13

キバナコスモスが見頃

8月12日水曜日15:52

今年は静かなお盆の様相

8月11日火曜日15:53

ネット通じ平和への思い共有

8月11日火曜日15:38

夜行性動物が一味違う姿

8月10日月曜日14:53

政策論争深まるか注目

8月10日月曜日14:44

村の和牛味わって

8月8日土曜日13:31

土砂崩落箇所をヘリで確認

8月8日土曜日13:54

主題歌にグリムスパンキー

8月7日金曜日15:14

リニア駅新設の手続き開始へ

8月7日金曜日15:17

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞