竜丘小5年生が田んぼであぜ作り作業

学校・教育

[ 2011年 5月 27日 金曜日 9時13分 ]

 飯田市竜丘小学校(市澤英利校長)の5年生67人は26日、学校近くの田んぼであぜ作りの作業を行った。同校は「あぐりの田んぼ」のアドバイスを受けながら、児童が主体的に米作りに取り組んでいく。

 地元農家の熊谷伊久夫さん、前沢正信さんらでつくるあぐりの田んぼは竜丘地区内の保育園で米作りの指導を続ける。数年前から小学校5年生の総合学習での稲作体験の支援も行うようになった。

 講師に教わるのではなく、自分たちで考えて学ぶ機会にしたいと昨年度から形式を変更。作業ごとに担当の係を設けた。係の児童が熊谷さんらから事前の説明を受け、実際の作業でクラスの仲間に説明する。

 あぜ作りは、田んぼから水が漏れないようにするためあぜにシートを張って補強する作業。最初は戸惑いながらだったが、あぜの角度をつけて掘ることなどを教わり、しっかりとしたあぜをつくっていった。

 田んぼには、あぐりの田んぼの可知俊一さんが製作した取水ゲートと排水口も取り付けられた。水位が調整できる精巧なつくりで、水管理の担当児童が使い方を教わった。

 5年2組であぜ作りの係を務めた塚平妃月さんと北沢彩花さんは「係でみんなをまとめるのは大変。保育園の時にも田んぼを教わった。もうほとんど覚えてないけど懐かしい」と語った。

 あぐり田んぼの熊谷さんは「自分で考えたり仲間と協力して作業することも勉強。子どもなので限界があるがそのあたりはうまくサポートしていきたい」と話していた。田植えは、あぐりのメンバーは訪れず児童のみで実施するという

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52

スポーツでの交流拠点に

4月9日金曜日16:46

与野党対決火ぶた

4月8日木曜日15:42

子どもの「心のケア大事に」

4月8日木曜日15:20

園児に聖火トーチ披露

4月7日水曜日15:01

人波作戦で交通安全PR

4月7日水曜日15:45

開花に合わせ田に水張り

4月6日火曜日15:13

高校生活への期待胸に

4月6日火曜日15:33

中山間地に「新しい風を」

4月5日月曜日16:21










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞