竜峡中が中国の修学旅行生と交流、ゲームや折り紙で

学校・教育

[ 2010年 7月 17日 土曜日 13時59分 ]

中国天津市河西区42中学からの修学旅行生36人が15日、飯田市立竜峡中学校(窪田正典校長、164人)を訪れ交流を行った。信州・県観光協会などを通じた国際交流の一環で、緑中、伊賀良小に引き続いての受け入れ。20日には旭ケ丘中学校が交流を行う。

 全校で行われた歓迎セレモニーでは、42中学の生徒がフルートの演奏、民族舞踊の舞などを披露。竜峡中生徒も校歌と「翼をください」を歌って歓迎。プレゼント交換を行い、じゃんけんゲームなどで交流を深めた。

 引き続いて、各学年に分かれての交流会。3年生は日本の伝統文化として折り紙を教え、1年生は学校で行ったキャンプの様子を紹介し、42中学の生徒とマイムマイムなどのダンスやゲームで交流。2年生はバルーンアートで犬を作った。

 「言葉が通じないので不安だったけど、ジェスチャーでだいたい伝わったので安心した」と2年の代田祥君(13)。同じく2年の島岡美歩さんは「普段中国の方と交流する機会がないので、とてもうれしかった」と話していた。

 42中学は7月13日から6泊7日の日程で来日。東京や箱根の観光の後、飯田市で中学生と交流し天龍峡などを散策。16、17日は京都、大阪を観光し18日に帰国する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞