竜峡中生徒の短歌を百年再生館に掲示 天龍峡

学校・教育

[ 2017年 3月 2日 木曜日 16時26分 ]

掲示作品を詠んだ2年生(後列)と3年生(前列)

 天龍峡温泉観光協会(竹村公秀会長)は1日、天龍峡を詠んだ竜峡中学校2年生の短歌5首をひのき板に揮ごうし、飯田市川路の天龍峡百年再生館に掲げた。地元中学生によるふるさと学習の成果として、専用のボードに1年間展示する。

 竜峡中では2年次に天龍峡を散策し、その時の感銘をもとに短歌をつくる学習活動「天龍峡を知る会」が毎年あり、入選した5首を観光拠点の同会館に飾っている。

 本年度の2年生51人は昨年11月、紅葉が見頃を迎えた遊歩道で五感を働かせ、地元ガイド「天龍峡ご案内人」の解説に聞き入った。

 掲示作に選ばれた5人のうち木下梨花さん(14)は、舟が下っていく龍角峯近くの峡谷風景と、木の葉がつつじ橋から天竜川に落ちる光景に着想を得て「龍角峯 見上げて舟が流れ行き 紅葉がはらり 秋も行く」と詠んだ。

 掲示式では1年間飾った3年生の5首を外して当人に贈り、2年生の入選作に掛け変えた。2年生5人には協会から記念品を贈った。

 ひのき板に5首を揮ごうした龍江の大原千和喜さん(85)は「31文字で素晴らしい表現ができる能力は世界に誇れる」とたたえ、竹村会長は「どれも素晴らしい作品。感動をありがとう」と感謝していた。

 掲示作品は次の通り(敬称略)。

 龍角峯 見上げて舟が流れ行き 紅葉がはらり 秋も行く(木下梨花)▽天龍峡 綺麗な景色ながめつつ 大声で叫ぶ 龍角峯から(熊谷聖南)▽松の道 踏みしめながら 思い出す 幼いときの 秋の思い出(林あすか)▽鮮やかな 赤黄緑 雨の日も 心落ちつく 紅葉の道(四方幸)▽雨しずく したたり落ちる天龍峡 紅葉彩る 秋の色かな(木下大吾)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24