竜峡中2年生が天龍峡題材に短歌作り

学校・教育

[ 2015年 11月 12日 木曜日 8時21分 ]

 飯田市立竜峡中学校の2年生約70人は10日、紅葉がピークを迎えた名勝天龍峡の遊歩道を散策した。近く同所を題材にした短歌を作り、来年2月、天龍峡温泉観光協会が5首を選出して天龍峡百年再生館に掲示する。

 同観光協会の協力で「天龍峡を知る会」として毎年行われる同事業。観光ガイドを手にした生徒たちは「天龍峡ご案内人」の説明を聞きながら2グループに分かれて一帯を散策した。

 地元で訪れる機会は多いものの、各名所にまつわる話を聞くのは初めて。ご案内人から1969(昭和44)年に当時の皇太子御夫妻が歩いた坂やキジを放鳥をしたことや、七代目市川団十郎が詠んだ歌碑などの説明を聞き、龍角峯といった名所を巡りながら短歌制作に向けて熱心にメモを取った。

 男子生徒の一人(14)は「歴史上の有名な人物が天龍峡に関係していることに驚いた。とても興味深く、自分なりに調べてみたい」と語り、ご案内人になって3年半という女性(72)は「天龍峡を心で感じて、短歌作りを頑張ってもらいたい」と話した。

 担当教諭によると、来週の国語の授業で散策して感じた気持ちを歌に詠むという。来年、同観光協会などが入選作品を選んでヒノキ板に揮毫(きごう)し、再生館に展示して1年間、観光客に公開する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30