緑中・桐生さんが木工コンテストで最優秀賞

学校・教育

[ 2020年 2月 1日 土曜日 13時03分 ]

1月25、26の両日に都内で開かれた第20回全国中学生創造ものづくり教育フェア「木工チャレンジコンテスト」の全国大会で、飯田市緑ケ丘中学校技術部2年の桐生明空(あきら)さん(14)が、最優秀賞となる文部科学大臣賞とワールド・ウッド・デー基金会会長賞を受賞した。全国大会での最高賞受賞は同部初の快挙という。

桐生さんは関東甲信越地区代表として出場し、全国から選抜された16人と競った。

コンテストは与えられた木板から、生活に役立つ木工作品を製作し、作品のできや技術を競うというもの。作品は生徒が自由に考え、あらかじめ設計図を作成。コンテスト当日に一から製作した。制限時間は4時間で、2分間のプレゼンテーションも行った。

桐生さんが考案したのはトイレットペーパーの収納箱「とっころトイレットペーパーボックス」。一つ“取ったら”次のトイレットペーパーが“コロン”と下に移動する構造で、中に仕切り板を設けて、より多く収納できる工夫をした。

審査員の視線を感じて緊張したという桐生さん。「練習でやってきたことを出そう」と落ち着かせ、良い物を作ろうという気持ちで取り組んだ。終了時間20分前に組み立てを終え、余裕を持ってやすりがけの仕上げができたという。

顧問の三石直規教諭によると、のこぎり、かんななどの技能が基本に忠実で、丁寧かつ正確な作業が評価された。「木を削る際にいい音が出ていた」と伝えられたという。三石教諭は「作業に安定感があった。木目など木の使い方を考え、細部にまで気を配っていた」と話した。

桐生さんは、受賞を喜ぶとともに「教えてくれた三石先生や外部講師の中山信弘さん(ナカヤマ木工)に良い報告ができた」と感謝。「大会を通じて技術が向上した」とし、「これからも自分のアイデアで、木で身の回りに役立つものを作れたら」と語った。

◎写真説明:最優秀賞を受賞した桐生さん

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

青空の下 桜満開

4月6日月曜日16:20

自然感じる憩いの場に

4月6日月曜日15:09

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22

「夫婦杉」にハート形

3月31日火曜日15:12

日曜日も人まばら

3月30日月曜日16:50

住民の手で守り続け

3月30日月曜日16:58

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞