繭づくり目指し大切に

学校・教育

[ 2020年 9月 12日 土曜日 13時58分 ]

 飯田市松尾小学校の3年3組(31人)は10日、岡谷市の岡谷蚕糸博物館から200頭の蚕を譲り受けた。飼育して繭づくりを目指し、飯田下伊那伝統の養蚕の一端に触れる。

 総合学習の授業で蚕の存在を知り、本や図鑑で調べる中で「本物を見てみたい」という声が上がった。この日は同館から林久美子さんを迎え、蚕の生態や育て方を学んだ。

 食事の回数や与え方について説明した林さんは「皆が世話をしてあげないと生きていけない。自分がされて嫌なことはしない、蚕の身になって接して」とアドバイス。児童たちは大きくうなずいていた。

 譲り受けたのは脱皮を2回した2・5センチほどの3齢の蚕。林さんが持参した約8センチの5齢の蚕と見比べると、「意外と小さい」など大きさの違いに驚いた様子だった。

 児童らは「初めは気持ち悪かったけど、少し慣れてきた」、「本物は思ったより小さかった。特徴をたくさん知ることができた」、「蚕の気持ちを考えて大切に育てたい」と話した。

 交代で世話をし、蚕は10月ごろに繭になるという。
 担任の村松和佳奈教諭(27)は「蚕を知りたいという思いがあらためて伝わってきた。命の大切さとともに、地域の昔のことも学んでほしい」と話していた。

◎写真説明:5齢の蚕を観察する児童ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯田線が全線再開

9月28日月曜日14:31

90トンの鋼桁を設置

9月28日月曜日14:18

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞