繭づくり目指し大切に

学校・教育

[ 2020年 9月 12日 土曜日 13時58分 ]

 飯田市松尾小学校の3年3組(31人)は10日、岡谷市の岡谷蚕糸博物館から200頭の蚕を譲り受けた。飼育して繭づくりを目指し、飯田下伊那伝統の養蚕の一端に触れる。

 総合学習の授業で蚕の存在を知り、本や図鑑で調べる中で「本物を見てみたい」という声が上がった。この日は同館から林久美子さんを迎え、蚕の生態や育て方を学んだ。

 食事の回数や与え方について説明した林さんは「皆が世話をしてあげないと生きていけない。自分がされて嫌なことはしない、蚕の身になって接して」とアドバイス。児童たちは大きくうなずいていた。

 譲り受けたのは脱皮を2回した2・5センチほどの3齢の蚕。林さんが持参した約8センチの5齢の蚕と見比べると、「意外と小さい」など大きさの違いに驚いた様子だった。

 児童らは「初めは気持ち悪かったけど、少し慣れてきた」、「本物は思ったより小さかった。特徴をたくさん知ることができた」、「蚕の気持ちを考えて大切に育てたい」と話した。

 交代で世話をし、蚕は10月ごろに繭になるという。
 担任の村松和佳奈教諭(27)は「蚕を知りたいという思いがあらためて伝わってきた。命の大切さとともに、地域の昔のことも学んでほしい」と話していた。

◎写真説明:5齢の蚕を観察する児童ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38

地区に響く茶摘み唄

5月1日土曜日13:25

2年ぶり開催向け協議

4月30日金曜日15:45

新緑に映えるこいのぼり

4月30日金曜日15:24

市田柿の皮でのど飴

4月29日木曜日13:48

新たな迂回路が通行可能に

4月29日木曜日13:34

「ルミナコイド」活用し商品化

4月28日水曜日15:34

すずり形鉄板を開発

4月28日水曜日15:12

ワクチン接種始まる

4月27日火曜日15:56

新市議に当選証書付与

4月27日火曜日15:25

天龍中で早くもプール開き

4月27日火曜日15:56










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞