美博で子ども科学工作教室開く

学校・教育

[ 2017年 9月 4日 月曜日 15時06分 ]

001kagaku

 飯田市などは2日、太陽電池で動くロボットを作る「子ども科学工作教室」を市美術博物館で開いた。飯田下伊那地域の小学生50人が参加。飯田OIDE長姫高校の生徒や地元企業の社員らの指導を受けながら、キットを製作し、発電の仕組みも学んだ。

 市工業課と同館、県南信州地域振興局が主催し、年4回開く同教室の本年度の第2回。同課によると、中部電力やオムロンオートモーティブエレクトロニクス、三菱電機、多摩川精機、夏目光学、シチズン時計マニュファクチャリング、KOAなどが協力した。

 児童たちは10班に分かれ、専用キットの「スペースロボ」やソーラーモ ジュールを組み立てた。完成後は屋上に移動。各自のロボットが太陽光を浴びて動くと、あちらこちらから歓声が上がった。

 市立座光寺小5年の男子児童は「細かいところを組み立てるのは難しかったけれど、うまく動いて良かった。ものづくりに興味があるので、また参加したい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53

治部坂高原色付き始める

10月13日火曜日14:39

増設の上郷でも始まる

10月13日火曜日14:29








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞