職業訓練校で2015年度修了式

学校・教育

[ 2016年 3月 23日 水曜日 15時53分 ]

 飯田高等職業訓練校(平澤勝男校長)=飯田市東新町=の2015年度修了式が22日、同市高羽町の市飯田人形劇場で開かれ、普通課程と短期課程の修了生、計166人が修了証書を受け取った。各事業所で働く新人職人らが専門技術を学ぶ普通課程では、木造建築科4人、配管科2人が修了。代表は習得した技術を生かし、さらに精進することを誓った。

 修了生たちはスーツや着物などの姿で式典に臨んだ。

 普通課程では2年間の訓練を終えた若者たちが順に登壇し、平澤校長から証書や技能合格証などを受け取り、晴れやかな表情を浮かべた。

 洋裁や和裁、編み物、木材工芸、表具、園芸、パソコンの短期訓練課程では、中高年層を中心とする160人が生涯学習として多彩な学びを進めた。

 交流を深めてきた同級生とともに出席し、講師らに感謝の気持ちを伝えていた。

 式辞で平澤校長は普通課程の訓練生たちに向けて「習得した技術を生かし、自身の役割を果たして」とエール。短期課程の受講生には「習得した技術を日々の生活の中で生かして」と呼び掛けた。

 答辞を述べた修了生代表(21)=配管科3年=は技能五輪への挑戦などを振り返るとともに、恩師や所属会社の理解に感謝の気持ちを伝え、「得た知識、技術を自分のものにして、さらに努力したい」と誓った。

 同校は1952年の設立から、時代を担う若い技能労働者の育成を目的に指導を重ねている。これまでに輩出した修了生は、普通・短期を合わせて1万人余にのぼる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42

環境保全の計画公表

11月17日火曜日15:16

8年ぶりにカメラ発見

11月16日月曜日15:16

故人しのび思い出語る

11月16日月曜日15:55

「地域と共に進化を続け」

11月14日土曜日13:42








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞