蓮田市の児童ら松川町へ

学校・教育

[ 2015年 7月 30日 木曜日 9時49分 ]

 埼玉県蓮田市の児童が28日、友好交流都市の松川町を訪れた。2泊3日の日程で30日まで滞在。町内の児童がいる家や県松川青年の家(大島)に泊まり、住民レベルでも交流を深める。

 夏休みを利用して互いに行き来する児童間の交流事業は2013(平成25)年に始まり3年目。ことしは蓮田市の8小学校の6年生計24人が参加した。

 町民体育館で開かれた歓迎会で、深津徹町長は果樹100年を紹介し「緑に囲まれた自然豊かな環境の中で存分楽しんで」と歓迎の言葉。松川町から参加した6年生20人も加わり、拍手で歓迎した。

 初日は町内の名所を巡り、夜は9つの受け入れ先に分かれてホームステイを体験した。2日目は小八郎岳に登り、下山後は協力し合って夕食の準備。食事を囲むと会話を弾ませた。町営温泉宿泊施設「清流苑」で開催された夏祭りの会場にも足を運び、楽しいひとときを過ごした。

 最終日は森林整備や植樹を体験するほか、ウオークラリーを通じて自然を満喫する。

 両市町は12年10月、友好交流都市を宣言し、災害時相互応援に関する協定を締結。市民レベルで交流が進む中、児童間の交流事業は、子どもたちの交流の輪を広げようと、市教育委員会から町側に打診があって翌年から始まった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞