西中生徒が乳幼児の親子と交流

学校・教育

[ 2011年 7月 27日 水曜日 15時22分 ]

 飯田西中学校2年1組の生徒と丸山公民館乳幼児学級「すくすく」の交流事業が25日、同公民館で行われた。生徒らは親子との遊び・インタビューを通じて、親子のかかわりの理解や地域とのつながりを深めた。

 中学生が赤ちゃんとふれあい、母親のまなざしや接し方を見ることで「命の大切さ」「思いやる心」「たくさんの人に見守られて育ってきた自分」を考える機会とし、母親にも交流を通して、地域の中学生に大きな役割を果たすことができることを知ってもらいたい―と実施。

 2年前、総合的学習の時間の授業として、3年生が交流を行ったことをきっかけに始まった。今回は家庭科の授業の一環。12日には、2年2組が羽場公民館で乳幼児学級との交流を行っている。

 この日は生徒34人と親子13組が参加。親子1組に生徒2、3人がつき、自己紹介を行ったあと、手遊びやおもちゃを使ったふれあい遊びを行った。

 はじめは緊張していた生徒も、乳幼児学級の講師に合わせて赤ちゃんと一緒に手遊びをしたり、積み木やボール、マラカスなどで遊ぶうちに、すっかり打ち解けた様子に。

 遊びの後は、生徒たちが母親へインタビュー。子育てや子どもに関する質問を行い、母と子のかかわりや子どもの育ちの環境について学んでいた。

 同校家庭科講師は「生徒には親の役割について知り、親子のかかわりを見ることで、自分も親や地域の人に見守られて育ったことを知ってほしい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞