西中生徒が乳幼児の親子と交流

学校・教育

[ 2011年 7月 27日 水曜日 15時22分 ]

 飯田西中学校2年1組の生徒と丸山公民館乳幼児学級「すくすく」の交流事業が25日、同公民館で行われた。生徒らは親子との遊び・インタビューを通じて、親子のかかわりの理解や地域とのつながりを深めた。

 中学生が赤ちゃんとふれあい、母親のまなざしや接し方を見ることで「命の大切さ」「思いやる心」「たくさんの人に見守られて育ってきた自分」を考える機会とし、母親にも交流を通して、地域の中学生に大きな役割を果たすことができることを知ってもらいたい―と実施。

 2年前、総合的学習の時間の授業として、3年生が交流を行ったことをきっかけに始まった。今回は家庭科の授業の一環。12日には、2年2組が羽場公民館で乳幼児学級との交流を行っている。

 この日は生徒34人と親子13組が参加。親子1組に生徒2、3人がつき、自己紹介を行ったあと、手遊びやおもちゃを使ったふれあい遊びを行った。

 はじめは緊張していた生徒も、乳幼児学級の講師に合わせて赤ちゃんと一緒に手遊びをしたり、積み木やボール、マラカスなどで遊ぶうちに、すっかり打ち解けた様子に。

 遊びの後は、生徒たちが母親へインタビュー。子育てや子どもに関する質問を行い、母と子のかかわりや子どもの育ちの環境について学んでいた。

 同校家庭科講師は「生徒には親の役割について知り、親子のかかわりを見ることで、自分も親や地域の人に見守られて育ったことを知ってほしい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06

市街地巡回し協力求め

1月18日月曜日15:00

新人西川氏のみが立候補予定

1月18日月曜日15:52

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞