豊丘中3年生が模擬議会を体験

学校・教育

[ 2011年 10月 26日 水曜日 9時02分 ]

豊丘模擬議会 豊丘中学校3年生75人が25日、豊丘村役場の議場を使って模擬議会を体験した。男女5人による一般質問では、2027年開通予定のリニア中央新幹線を見据えた提案もあった。

 

 中学3年生を対象にした模擬議会は1989(平成元)年に始まり23回目。

 

 一般質問をした5人は、いずれも緊張した表情を見せながらも、質問に立つとはきはき発言していた。5人以外の生徒は傍聴席などから質疑を見守った。

 

 質問した生徒の一人は、リニア中央新幹線の開通を踏まえた村の将来像を思い描いた上で、滞在型市民農園「クラインガルテン」の建設を提案。「わたしの好きな豊丘の農村風景を守りながら、遊休地の有効活用や都市住民との交流にもつながる」などとした。下平喜隆村長は「検討していきたい」と答弁した。

 

 このほか、村が管理する旧東洋大セミナーハウス(神稲)を含めた高台の利用や花を絡めた村づくりを提案したり、街灯設置を要望。災害時の緊急通報システムについての要望もあった。

 

 また下平村長はリニア中央新幹線に触れ「開通に向けてこれから村として何をするべきだと思うか、開通後にどんな村の姿を望むか」と、質問を生徒たちに投げかけた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号