豊丘北小が文科大臣賞を受賞

学校・教育

[ 2014年 4月 11日 金曜日 9時29分 ]

 子どもの読書活動優秀実践校に対する文部科学大臣表彰の受賞校が決まり、県内からは豊丘村の豊丘北小学校(松澤郷子校長)が選ばれた。本の面白さを伝え、広めるなど特色ある活動が評価された。受賞は初めて。

 子どもたちの「生きる力」を育む読書活動を推進するため、子どもが積極的に読書活動を行う意欲を高める活動において、特色ある優れた活動を行っている学校に授与される。

 北小では2012年度から3年計画で図書館教育に力を入れる。まずは図書館の改造に着手し、発行年数が古い本や状態の良くない本などを書架から外した。館内にある机の配置を改め、掲示物を一新するなどして児童目線に立って利用しやすく、居心地のよい雰囲気づくりを心掛けた。

 良い本と積極的に出会える場づくりとして、一角に「おすすめブック130コーナー」を設置。学年ごとにおすすめブックをリストアップし、専用のカードを配布することで本選びの目安にもなっている。おすすめブックが全て貸し出しになる日も珍しくない。

 毎週月、水、金の3日間は15分の読書の時間を設定。また週に1度、学年別に「図書館の時間」を1時間確保し、学校司書から本のアドバイスを受けたりもする。住民ボランティアによる本の読み聞かせもあり、児童はさまざまな形で本に触れている。

 昨年11月に村内で開催された南信図書館大会では同校の授業が公開となり、読書をテーマにした取り組みが注目された。

 これまでの活動がうまくかみ合い、同校によると、図書館から借りて読んだ本の冊数は全ての学年で増える傾向にある。松澤校長は「読む量が増えただけでなく、読んでほしい本に手が届いている。読む力でだけでなく考える力、書く力にもなっている」と語り、受賞には「日頃の取り組みが評価され、大変ありがたい」と喜んだ。

 本年度は3年計画の最終年度に当たり、目的を持って本を選べるような取り組みを進めたい考え。同校はいずれの学年も各クラス1つの小規模校で、全校児童は99人。

 23日に東京の国立オリンピック記念青少年総合センターで行われる「子どもの読書活動推進フォーラム」(文部科学省主催)の中で表彰される。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞