豊丘北小で「金環食」事前学習

学校・教育

[ 2012年 5月 12日 土曜日 12時21分 ]

 国内で25年ぶりに金環食が楽しめる21日を前に、豊丘村豊丘北小学校で11日、1~6年生90人を対象にした事前学習会が開かれ、飯田市川路小学校長の畑英利さん(56)から金環食の楽しみ方を教わった。当日は登校時間をずらし、全校児童が金環食を観測する。

 木曽星の会メンバーの畑さんによると、村内では午前6時18分ごろから太陽が徐々に欠けていく様子を確認でき、7時30分55秒に月が太陽の中央を覆い、周りが金の環のように見える。環が完成するのはさらに2秒後。環の状態を楽しめるのは4分3秒間という。

 畑さんはスライドを使って太陽、月、地球の距離などを示し、金環食が見られる理由を分かりやすく解説。ソフトボールやピンポン球を使って例えると、子どもたちはイメージを膨らませていた。

 環になる前後を「感動の瞬間」といい、観測ポイントを秒刻みで示したりもした。環の状態の4分間は木陰にリング状の環ができるなどさまざまな楽しみ方も紹介した。

 金環食の写真を示すと「すごーい」「早く見たい」の声。6年の女子児童は「待ち遠しい。当日晴れて、少しでも長く見られたらうれしい」と話した。

 グラウンドに立つと、遮光板を使って実際に太陽を観測。太陽を見る上での注意点を聞き、当日に備えた。

 畑さんは「21日は特別な日。感動して、お年寄りになっても『あの時いい太陽が見えた』と思い出す日になれば」と願った。畑さんによると、次回村内で観測できるのは2041年10月25日。

 同校では当日午前7時15分に登校し、金環食をクラスごと観測する。松沢郷子校長は「子どもたちの目でしっかり観察し、自然の素晴らしさを感じてほしい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04

星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

12月11日火曜日15:14

20カ国の文化や食通じて 飯田国際交流の夕べ

12月11日火曜日15:37

特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

12月8日土曜日14:09

時計塔の「ぽぉ」が変身 飯田市街地でクリスマス企画 

12月8日土曜日14:16

けん引式車椅子を体験 阿智高地域政策コース ユニバーサルツーリズム

12月8日土曜日14:19