豊丘北小の給食でまつたけご飯

学校・教育

[ 2015年 10月 8日 木曜日 9時46分 ]

 マツタケの産地として知られる豊丘村の豊丘北小学校の全校児童105人が6日、地元で採れたマツタケ入りの炊き込みご飯を給食で味わった。

 1年生の教室にまつたけご飯が運び込まれると独特の香りが室内に広がり、子どもたちは待ちきれない様子。配膳後の「いただきます」の合図で一斉にかきこみ、女子児童の一人(6)は「みんなで食べるとおいしい」とほお張っていた。

 村の特産を子どもたちに届けようと、30年ほど前から続く恒例の「まつたけ給食」で、南小学校と中学校でもまつたけご飯を楽しんだ。

 村は毎年、まつたけ給食費として約20万円を予算化している。価格が高騰する不作の年には提供できないこともあるが、ことしは豊作とあって地元産の15キロ分のマツタケを調達。南小に隣接する村学校給食共同調理場で炊き込みご飯を約680食分作った。

 寺沢宜勝教育長は「豊丘ならではの土地の恵みであり、地元の味を存分に味わってもらいたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「全国ベスト8」目標に

1月16日土曜日14:01

飯田市教育長が感染

1月16日土曜日14:00

この先さらに大変に…

1月15日金曜日15:54

佐藤市長「厳しい局面」

1月15日金曜日15:24

動物園で干支の引継ぎ

1月14日木曜日15:31

マスタープラン作成へ

1月14日木曜日15:18

田んぼリンクに笑顔広がる

1月13日水曜日15:16

全国に向けた練習の成果を

1月13日水曜日15:54

炎に「無病息災」の願い

1月12日火曜日15:21

熊谷氏無投票当選へ

1月12日火曜日15:59

新人のみが立候補予定

1月9日土曜日13:27

橋南の平和守るのは君

1月9日土曜日13:16

住民意向12日から再調査

1月8日金曜日15:07

豊作願う小正月飾り

1月8日金曜日15:23

地域への普及目指し

1月7日木曜日15:58








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞