豊丘村で慈恵園利用し通学合宿

学校・教育

[ 2017年 6月 30日 金曜日 15時05分 ]

001toyooka

 豊丘村教育委員会は本年度、児童養護施設「慈恵園」(神稲)を宿泊所として子供たちが共同生活を営む「通学合宿」を行っている。対象は南、北の両小学校の全4年生計66人。6つのグループに分かれ6月から9月にかけて実施し、児童は3泊4日の合宿を体験する。

 

 共同生活を通して豊かな人間性や自主性を育むことを狙いに、5年目の取り組み。給食施設と宿泊場所がある慈恵園を合宿地に選んでいる。

 

 合宿では宿題、朝食や夕食の準備、洗濯、入浴のほか日常生活では体験できないメニューを盛る。午前6時起床、午後9時に消灯となる。

 

 3日目の29日は下校後、参加している12人が協力して夕食の準備に当たった。カレーの具材を包丁で切ったり、飯ごう炊さんにも挑戦。火加減に注意しながら炊き、完成するとおいしそうにカレーを味わっていた。

 

 集団で登下校し、夕方は宿題に続いて食事を囲んだりボランティアグループによる読み聞かせもある。さまざまな体験を通してすっかり打ち解けた様子で、北小4年の松村昊誠君(9)は「とっても楽しいです」とうれしそうに話した。

 

 期間中は飯田女子短大の学生が支援スタッフとして加わり、慈恵園の職員も協力している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号