豪雨被災地を支援

学校・教育

[ 2020年 7月 28日 火曜日 15時53分 ]

 令和2年7月豪雨の被災地を支援しようと、飯田市立飯田東中学校の環境ボランティア委員会は28日から、朝の募金活動を始めた。30日まで登校・出勤する生徒と教職員に協力を求める。

 先輩たちが地震や災害の発生後に行った過去の取り組みにならい「少しでも被災地のためになれたら」と計画。集会や校内放送で主旨を伝え、午前7時半から30分間、募金箱を手に昇降口に立っている。

 義援金を募る生徒の横には、65人が死亡した熊本県をはじめとする全国の被害状況を模造紙にまとめ、新聞記事の切り抜きとともに掲示。土砂崩落で飯田市の1人が死亡し、喬木村の大島集落が孤立するなどした地元の被害にも触れている。

 委員長の女子生徒(14)は「東中は飯田大火の時に全国から助けられているので、少しでもお返しができればと思っている。皆さんが協力してくれるのはとてもうれしい」と話した。

 義援金は日本赤十字社を通じて被災地に届ける。

◎写真説明:昇降口で募金活動を展開

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

左岸側から架橋工事へ

12月4日金曜日15:39

大本山本圀寺の貫主に

12月4日金曜日15:00

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞