買者弱者対策事業を手伝い 長姫生が販売や呼び込み

学校・教育

[ 2011年 10月 31日 月曜日 15時04分 ]

 飯田長姫高校商業科の3年生が28日、飯田商工会議所が10月にスタートした買者弱者対策事業「しあわせ市場配達便」を手伝い、販売やマーケティングを行った。需要などを把握し、同事業の実態に迫って年度末の課題研究発表会で報告する。

 この日は、生徒4人が、飯田市滝の沢の自治会館で開かれた同配達便に参加。9つの参加事業所が並べた食品や衣料品、生活用品などの販売を手伝ったほか、マーケティングを兼ねたアンケート調査や客の呼び込みを行い、自分たちで用意した規格外リンゴをプレゼントとして配布した。

 5回にわたり同便を手伝い、売買の現場に身を置いて買物弱者と呼ばれる人たちが何に困り、どんな商品を求めているのかを把握、販売して需要と供給のバランスなども調べる。

 ほかのグループは、市内でリヤカー販売を行い、同様の調査を進める。

 生徒の一人は「これまでの実習から、積極的に声を掛けないと交流や物を売ることができないことを知った。経験を生かし、しっかり声を出し、お客さんの考えを聞きたい」と話していた。

 配達便は滝の沢のほか、上郷黒田や座光寺地区でも展開中。滝の沢地区の細沢勝義自治会長(68)は「買物弱者が多い地域にあって、非常に良いことだと期待している。利用者が広がるよう、自治会としても協力したい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

安全な残土搬出へ連携密に

5月17日月曜日15:29

深さ30メートルの立坑初公開

5月17日月曜日15:08

「集団接種」がスタート

5月15日土曜日13:00

早くも上がる水しぶき

5月15日土曜日13:42

定数超の13派出席

5月14日金曜日15:13

「飯田北改良」構造物設計

5月14日金曜日15:14

環境対策工を一部変更

5月13日木曜日15:04

環境対策巡る懸念伝える

5月13日木曜日15:11

山梨工区の広河原斜坑を公開

5月12日水曜日15:51

学習の集大成を披露

5月12日水曜日15:24

開始早々初回分埋まる

5月11日火曜日15:49

東北にいってらっしゃい

5月11日火曜日15:41

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞