長姫高吹奏楽部が最後の定期演奏会

学校・教育

[ 2012年 11月 6日 火曜日 15時02分 ]

 飯田長姫高校吹奏楽部の最後の定期演奏会が3日、飯田市高羽町の飯田文化会館で開かれ、部員23人がクラシックから映画曲まで多彩な曲目を発表した。合同演奏では歴代部員50人が加わり、総勢80人の大編成でOBBサウンドを奏で、半世紀に及ぶ歴史のフィナーレを飾った。

 1961年にスタートした定期演奏会も今回で49回目。来春の飯田工業との統合を控え、長姫単独では最後とあって、従来の3部とOB・OGとの合同演奏による4部構成とした。

 「雷神」で開幕すると、4曲を演奏。8月の吹奏楽コンクール県大会で銀賞を受賞した「交響的詩曲・走れメロス」では、厚みのある音色で会場を沸かせた。

 OB・OGとの合同演奏は「風紋」「ディスコ・キッド」の2曲。部員と卒業生ら80人がステージいっぱいに広がり、息をそろえた。

 2度の合同練習を経て迎えた本番。大編成が織り成すOBBサウンドが響きわたると、盛んな拍手が送られた。

 恒例のステージドリルでは躍動感たっぷりに演奏。3部では第1回から演奏され続けている伝統曲「闘牛士のマンボ・ラ・マカレナ」を披露した。

 新校舎建設のために音楽室が取り壊しとなり、仮施設で練習を重ねた。吹奏楽部の部長は「仲間どうし支えあい、励ましあいここまでやってこれた。今までお世話になった方々に感謝したい」としている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞