赤ちゃんとのふれあい体験 阿南一中

学校・教育

[ 2014年 8月 30日 土曜日 9時54分 ]

 阿南町立阿南第一中学校の3年生32人は29日、阿南町役場で乳幼児と触れ合う「赤ちゃんふれあい体験学習」を行った。生後4カ月から1歳1カ月までの赤ちゃんと接したり、母親たちの子育て話を聞きながら命の尊さや愛情、いたわりの気持ちを養った。

 町内の母子8組が協力。生徒たちは母親に着替えや抱っこの仕方を優しく教えてもらいながら身体測定に臨んだほか、離乳食を食べさせたり、一緒に遊んだりと赤ちゃんとゆっくり触れ合った。

 初めて抱っこしたという女子生徒(14)は「とても柔らかくて重かった。すごくかわいい。結婚して赤ちゃんが生まれたら大切に育てたい」と語り、男子生徒(同)は「自分に子どもができたら、しっかり子育てに参加したい」と話した。

 ふれあい体験学習は97年から同町が実施している町内の中学3年生を対象にした事業。少子化の影響で身近なところで赤ちゃんと接する機会が少なくなっている社会環境を背景に、思春期の子どもが赤ちゃんに触れる機会を提供し、将来子どもができた時に大切に思ってもらえるよう続いている。11月には阿南二中生徒が体験を予定している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞