阿南一中で徒会伝統の茶摘み

学校・教育

[ 2011年 6月 1日 水曜日 15時59分 ]

阿南一中茶摘み 阿南町立阿南第一中学校(下起優校長、94人)は30日、生徒会の行事として茶摘み作業を行った。この日は近くの大下条小学校3年生14人も参加。中学生に作業を教えてもらいながら茶を摘んだ。

 

 今回作業を行ったのは、校庭周辺にある「一中茶園」と学校近くの「グリーンティースクール」の計約40アールほど。1976年から続く伝統行事。31日には敷地内の畑で梅の収穫作業も予定している。

 

 ことしの茶は例年より10日ほど遅かったもののできは良く、昨年を0・7キロ上回る23・2キロの生茶を収穫した。収穫した茶は製茶し、全校での試飲会を行うほか、保護者などへ販売。収益は生徒会の活動費に充てる。

 

 小学生は、町内産業の学習を兼ねて参加。茶摘みは初めてという児童がほとんどだったが、中学生に教えてもらうと、枝先から3枚の葉を数えて丁寧に摘みとっていった。

 

 「ちょっと難しいけど楽しい」と大下条3年の男子児童(8)。阿南一中3年の男子生徒(14)は「茶摘みは他校にない行事。みんなで農作業をするのもなんかいいですね」と話していた。

 

 

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号