阿南一中3年生 赤ちゃんとふれあい体験

学校・教育

[ 2015年 8月 29日 土曜日 9時51分 ]

 阿南町立阿南第一中学校の3年生27人が28日、阿南町役場で乳幼児と触れ合う「赤ちゃんふれあい体験学習」を行った。町内の親子10組が協力し、生後5カ月から1歳2カ月までの赤ちゃんを抱っこしたり、母親たちの子育て話を聞きながら命の尊さや愛情、いたわりの気持ちを養った。

 自己紹介を終えた生徒たちは、母親に着替えの仕方を教わりながら、赤ちゃんを体重計に乗せる身体測定に挑戦。泣きじゃくる赤ちゃんに戸惑う場面もあったが、話しかけながら優しく抱っこした。このほか離乳食を食べさせたり、一緒に遊んだりと尊い命の重さを肌で感じた。

 生徒の一人(14)は「怖いという思いもあったが、温かくてとてもかわいかった」と感想を述べた。1歳1カ月の長男と参加した同町南條の母親(32)は「今後どこかで小さな子に出会ったら、きょうのことを思い出して優しく接してもらいたい」と願った。

 ふれあい体験学習は1997年から同町が実施している町内の中学3年生を対象にした事業。少子化の影響で身近なところで赤ちゃんと接する機会が少なくなっている社会環境を背景に、思春期の子どもが赤ちゃんに触れる機会を提供し、将来子どもができた時に大切に思ってもらえるよう続いている。11月には阿南二中生徒が体験を予定している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞