阿南第一中学校で梅の収穫作業

学校・教育

[ 2012年 5月 30日 水曜日 8時18分 ]

 阿南町立阿南第一中学校(下起優校長、91人)の全校生徒は28日、同校裏手にある畑で梅の収穫作業を行った。梅栽培は茶とともに同校生徒会で受け継いできた伝統行事。梅はPTAなどへ販売し、生徒会の活動資金にするという。

 同校は毎年、学校敷地内にある「一中梅林」と「一中茶園」で収穫作業を続ける。梅と茶はともに1970年代後半に植えられたもので、同校生徒会の購買演芸委員を中心に生徒や保護者の協力で管理してきた。

 同校裏手の斜面には約40本の梅の木が植えられており、手ぬぐいをかぶった生徒たちが作業に取り組んだ。ことしは天候が不順だったこともあり、日当たりによって大きさもまばら。ビー玉ぐらいの大きさを目安に小さなものを残して収穫していった。

 17日にも茶摘みを体験した生徒ら。1年の男子生徒は「田んぼの手伝いをしたことはあるけど、梅取りも茶摘みも初めて。いっぱい採れるのでうれしい」と語る。2年の男子生徒は「自然の中で農作業をするのは気持ちいい」と笑顔を見せた。

 下起校長は「いまは農村地域でも子どもたちが自然にふれる機会は少ない。学校で町の特産を知りながら作業できることはありがたい」と話していた。

 収穫した梅のうち、38キロは保護者に販売。残りは調理場や生徒の学習活動に利用する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04

星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

12月11日火曜日15:14

20カ国の文化や食通じて 飯田国際交流の夕べ

12月11日火曜日15:37

特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

12月8日土曜日14:09

時計塔の「ぽぉ」が変身 飯田市街地でクリスマス企画 

12月8日土曜日14:16

けん引式車椅子を体験 阿智高地域政策コース ユニバーサルツーリズム

12月8日土曜日14:19