阿南第一中生が茶摘み作業

学校・教育

[ 2014年 5月 20日 火曜日 9時59分 ]

 阿南町立阿南第一中学校(杉山清校長、97人)は19日、同校周辺の茶畑で伝統の茶摘み作業を行った。昨年は霜の影響を受けて収穫が遅れたが、ことしは順調に育ち、例年通りの日程に。大下条小学校支援学級の児童3人も加わり、交流を深めながら丁寧に摘み取っていった。

 同校敷地内には1978年に植えられた梅と茶があり、同校生徒会が管理。茶畑は「一中茶園」と呼ばれているほか、1994年には学校近くの桑畑を開墾して茶畑「グリーンティースクール」をつくり、合計約40アールほどの茶畑で毎年5月に収穫作業を行っている。

 生徒たちは摘み方を確認した後、1年生から3年生までの縦割り班に分かれてそれぞれ作業を開始。初めて茶摘みを体験する1年生は、上級生に教えてもらいながら枝先から3枚の葉を数えて摘み取り、袋へ入れていった。

 収穫した茶は製茶し、全校での試飲会を行うほか、商品化して保護者などへ販売。福祉施設のお茶会にも提供していくという。1年生の男子生徒(12)は「順調に摘み取ることができた。味が楽しみ」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

たくさんの笑顔と感動を

8月5日木曜日15:47

「りんごん」一転中止に

8月5日木曜日15:35

市町村走り継ぎ要請

8月4日水曜日15:39

五輪出場選手が来町

8月4日水曜日15:25

ゲレンデを橙色に染め

8月3日火曜日16:56

夏越の祓奉納演奏を

8月3日火曜日16:46

応援と感謝の気持ち込め

8月2日月曜日15:08

水鉄砲で暑さ飛んでけ

8月2日月曜日15:43

県がトンネル新設を計画

7月31日土曜日13:40

橋南の夏休み子ども教室

7月31日土曜日13:52

住民や園児の手製が並ぶ

7月30日金曜日15:18

2年ぶり全国の舞台へ

7月30日金曜日15:00

目指すはベスト8

7月29日木曜日15:54

「村のチーム」で勝ち上がる

7月29日木曜日15:00

スポーツ活動検討委員会 中学部活動など意見交換

7月28日水曜日15:22








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞