阿南高と阿智高が交流会

学校・教育

[ 2010年 11月 27日 土曜日 9時23分 ]

 阿南高校(五味千万人校長)と阿智高校(藤田佳弘校長)は25日、新生徒会役員による交流会を阿南高校で開いた。両校の生徒各20人が集まり、互いの取り組みを紹介し合い、今後の生徒会活動の参考にした。

 飯田下伊那の高校生徒会は年2回、飯伊全校での交流会を開催しているが、活動発表のみで深い活動に発展しなかった。生徒数も同程度で同じく地域に根ざした学校づくりに取り組んでいる両校が交流することで、11月からスタートしたばかりの新生徒会役員が刺激を受け合い、よりよい学校づくりに取り組もうと企画した。

 集まった生徒会役員らは、類似の委員会ごとに6つのグループに分かれて交流。レクリエーションを兼ねて自己紹介をし、各生徒会の活動の様子を報告。

 阿南高校は文化祭後、地元御供地区と協力しアダプトシステムを通じた道路愛護活動を展開するほか、リサイクル活動を行い収益で福祉施設に備品を寄贈する活動などを紹介。阿智高校は日ごろのあいさつ運動や満蒙開拓体験談の聞き取りなどによる平和学習を通じて地域に目を向ける活動を紹介した。

 阿智高校の生徒会長は「ボランティアを通じた地域貢献という考えは思い浮かばなかった。阿南は学校を愛する気持ちが強い。阿智高校も皆が学校を愛する学校にしていきたい」と語った。

 阿南高校の生徒会長は「阿智高校はやりたいことがはっきりしていて参考になった。1度きりの交流ではもったいない。今度はぼくたちが阿智高校を訪問してみたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞