阿南高福祉コースが高齢者福祉体験

学校・教育

[ 2015年 10月 5日 月曜日 9時36分 ]

 県立阿南高校福祉コースの2年生が社会福祉基礎授業の一環で先月29日、泰阜村デイサービスセンターを訪れ、施設利用者らと交流した。6人の生徒らは歌を歌ったり高齢者と一緒に塗り絵をしたりとコミュニケーションを図った。

 高齢者や障がい者の置かれている社会的環境と福祉施設について知り、援助や介護の仕方を肌で感じながら自立支援についての理解を深めることが目的。15日に10人の生徒が参加し、今回は2回目として別の生徒が実習を行った。

 はじめに利用者らに懐かしい戦後のヒット曲「リンゴの唄」を歌った生徒たち。「お月見」をテーマにした塗り絵も一緒に行いながら高齢者との距離を縮めていった。97歳の女性はリンゴの唄を何度も歌い「この曲いいねえ」と笑顔。最初は戸惑っていた生徒たちも次第に緊張がほぐれ、耳元まで寄って会話を交わした。

 体が弱ってきた実家の祖父母を助けたいと介護福祉士を目指す男子生徒の一人(16)は「お年寄りともっとうまく話せるよう勉強したい」と話した。工藤順子所長は「若い子たちの優しい気持ちが伝わり、利用者も喜んでいる。福祉関係の仕事も人材不足が課題。福祉に興味を持ってもらい、村に戻って来てもらいたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30