阿智中で「村長と語る会」 星の村づくりに提言

学校・教育

[ 2015年 12月 10日 木曜日 13時54分 ]

 阿智村立阿智中学校(下嶋賢二校長)は8日、村長と語る会を開いた。3年生69人が、星の村として注目を集める阿智村の村づくりについて熊谷秀樹村長と意見を交わした。

 村政に中学生の思いを反映しようと開催している行事。生徒は事前に公民的分野の学習の一環として、広報誌などを参考に阿智村について学び、村づくりや地域づくりについて考えたことをまとめた。

 生徒たちは3つのクラスごとのテーマに沿って発表。「自分が村長だったらこうしたい」という村づくりを提言した。防災では「豪雪時の歩道の除雪や災害時の一人暮らしのお年寄りの安否確認を地域のグループで行ったらいいのでは」と提案した。

 若者定住では「昼神温泉に田舎暮らし体験ができるシェアハウスを造れば、Iターンする人が増えるはず」との意見も。観光では特産品作りに力を入れること、山を活用した観光、観光資源を活用した婚活イベントなどが提案された。

 後半は、阿智村が星の村として紹介されたテレビ番組を上映。熊谷村長と「村の好きなところ」について意見を出し合った。生徒からは「自然がいっぱい」「清内路の花火」「近くに温泉がある」という意見が出された。

 星の村で改善すべき点として「星が見られる場所を増やして」「他の場所にもプロジェクションマッピングで星の演出を」「ナイトツアーがない冬にはイルミネーションはどうか」などが挙げられた。

 熊谷村長は「たくさんのアイデアをありがとう。これからの村づくりに参考にしたい。進学や就職で村を離れることがあっても、いつか帰ってきてもらいたい」と呼び掛けていた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

震災から10年振り返る

3月8日月曜日15:23

高校生が鳥居を製作

3月8日月曜日15:13

3カ月ぶり水しぶき

3月6日土曜日14:54

「願いかなえてさくら咲け」

3月6日土曜日13:58

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19










記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞