阿智中で「村長と語る会」開く

学校・教育

[ 2011年 12月 12日 月曜日 12時41分 ]

 阿智村の阿智中学校で9日、「岡庭村長さんと語る会」が社会科学習の一環として開かれ、3年生84人が財政や人口問題などについて「一般質問」した。

 村政や地域づくりに関心を持つきっかけとするほか、中学生の思いを施策に反映してもらおう―と毎年行っている取り組み。以前は模擬議会として開いていたが、気軽に意見交換できるよう現在の形式とした。

 生徒たちは歳入と歳出、村税の滞納状況と村の対応、人口減少問題と「元気な集落」の具体像、健診率の低さと対策、防災対策、観光施策の今後、旧3村の融和策などについて、素朴で鋭い視点から質問を重ね、村長の考えを聞いた。

 村長は「実践的な防災訓練をどの地区でもするよう進めていきたい」「昼神温泉は東京へのPR効果が表れ、首都圏からお客さんが来るようになった。サービスとふれあい、魅力を高めるほか、村全体を見てもらえる観光も進めていきたい」などと応じた。

 男子生徒は「財政や健康などについて分かりやすく説明してもらい、村のことをもっと知りたくなった」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞