阿智中学校で新校舎の「使い初めの式」開く

学校・教育

[ 2010年 1月 8日 金曜日 8時11分 ]

 阿智村の阿智中学校で7日、新校舎の「使い初めの式」が3学期の始業式に合わせて行われた。生徒たちは各学年の代表生徒が発表する喜びや抱負を聞きながら、勉強やスポーツに打ち込む決意を固めた。

 2年生代表の清水茜里(あかり)さんは「こんなにきれいで素晴らしい所で生活できるのを楽しみにしていた。新しくて広い体育館で開く初めての若駒祭(文化祭)はアイデアを出し合い、素晴らしいものにしたい。作ってくれた人たちに感謝したい」と感激を口にした。

 塚田紀昭教育委員長は「校舎建設に使う約25億円は、村の通常年度予算の半分以上に相当する額。将来の村を担ってもらうため、しっかり学習とスポーツができる環境が必要という考えから作った。心に抱いた将来の夢や当面の目標を実現・達成するために遠慮することなく校舎を使い、充実した日々を過ごして」と期待を語った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53

治部坂高原色付き始める

10月13日火曜日14:39

増設の上郷でも始まる

10月13日火曜日14:29








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞