阿智中学校で村長さんと語る会開く

学校・教育

[ 2012年 12月 13日 木曜日 8時28分 ]

 阿智村の阿智中学校で11日、恒例の「村長さんと語る会」が社会科学習の一環として開かれ、3年生が村の財政や教育、少子化、自治体合併、産業振興などについて岡庭一雄村長に質問した。

 生徒たちは岡庭村政が重視する施策について「4K(健康と環境、教育、観光)に着目した理由は?教育の位置付けは」「全村博構想に興味を持った。どんなことなのか知りたい」「栽培に力を入れるキクイモの経済効果はどれくらい?」などと質問を重ねた。

 人口問題と財政に関連した質問は特に多く、「村には独自の制度や手当が多いが、今後払えなくならないか」といった突っ込んだ質問や、高齢化率の上昇に関連して「中学生が行事などに積極参加すれば地域が活気付くと思うが、それ以外に私たちにできることは?」という投げ掛けもあった。

 他に「学校は統合したけれど、平谷村と合併しなかったのはなぜ?」という質問や、「村おこしのためにゆるキャラは作らないのか。経済効果を狙って作っては?」という提案もあった。

 村長は平易な言葉を選びながら基本的な考え方や現状を説明し、ゆるキャラについては「みんなに愛され、村の特徴がひと目で分かるキャラクターがあればいいと思う。良いアイデアを出してくれたら作りたい」と乗り気の姿勢をみせた。

 村長と語る会はミニ議会にあたる学習活動。生徒たちは公民の時間に村の広報誌を読み、質問を考えた。生徒たちは「村の財政や特産物のことが詳しく聞けてよかった」、「4Kから財政まで幅広く知れた」と話していた。

 佐々木正義教育長は「踏み込んだ質問や村民としての自覚が感じられる積極的な発言もあり、全体的にレベルの高い内容だった。高校や大学を卒業したら村に戻り、地域を動かす人になって」と講評した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24

待望の打ち上げに歓声 冨士山稲荷神社の「むぎわら祭り」

7月10日火曜日15:12

甘み十分、ピンク色に 豊丘村で桃狩り始まる

7月7日土曜日14:15

「来場して幸せな気分に」 22日にザ・ファイナル2018

7月7日土曜日14:47

飯田市内1121世帯に避難勧告

7月6日金曜日15:55

飯田で子ヤギのセリ市を開催

7月6日金曜日15:24