「温暖化から地球を守ろう」 阿智村で環境教室

学校・教育

[ 2016年 3月 31日 木曜日 15時38分 ]

 阿智村は29日、NPO法人南信州おひさま進歩の協力で環境教室を行った。長期休み中の学童保育や学習教室の児童が参加し、地球温暖化問題や省エネ、発電の仕組みなどを学んだ。

 子どもたちは、環境問題を学んで地球を守る「地球防衛隊」になろうとさまざまな課題にチャレンジ。地球温暖化の影響で氷の上で暮らすホッキョクグマの生態が危ぶまれていることなどを学ぶと、環境学習のゲームやクイズに挑戦し、家庭の電気や水の消費や後半はさまざまな機材を使った体験を行った。自転車発電機では重いペダルをこぎ、風力発電の体験ではうちわで扇いでプロペラを回して、エネルギーをつくる大変さを体感。LED電灯と白熱球の電灯の比較実験では、消費電力や発熱の違いなどを学んだ。

 屋外では、ソーラーパネルを使ったおもちゃで太陽光発電の仕組みを学習。最後に子どもたちは、地球の環境を守るために自分でできる取り組みを考えて発表し地球防衛隊員の認定証を受け取った。

 同村は環境教育に力を入れていこうと子ども向けの環境教室を開いており、ことしで3回目。今後は、学童保育の児童だけでなく、親子向けなど広く参加を募っての学習会も検討しているという。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞