阿智村共同調理場がブラジル料理を給食に

学校・教育

[ 2014年 6月 20日 金曜日 9時44分 ]

 阿智村学校給食共同調理場は18日、サッカー・ワールドカップ日本代表を応援しようと、開催国ブラジルの料理を取り入れた特別献立を行った。村内の5小中学校へ提供。普段とは違う料理に子どもたちは世界の国へ思いをはせていた。

 この日の献立は、パンと牛乳に加え、コシーニャ風コロッケ、豆料理のフェイジョン、ブラジルで好まれる焼きそば、サッカーボール型のチーズと一風変わった内容。

 コシーニャはポルトガル語で「もも」の意味で、ゆでたジャガイモで鶏肉を包んで揚げたブラジル風のコロッケだ。一方、フェイジョンは、インゲン豆を塩味で煮込んだもので、ご飯にかけて毎日食べる「日本でいう味噌汁のような存在」だという。

 阿智第一小学校6年生の教室では、隣接する同調理場の栄養教諭が訪れ、献立について紹介。「ブラジルでは豆を毎日食べるのが健康の秘訣」などの話を聞きながら、給食を味わった。

 フェイジョンを食べた女子児童は「塩味だけど、ちょっと甘くて思ったよりもおいしい」と感想。男子児童は「いつもと違う味で新鮮。これでサッカーももっと応援できそう」と喜ぶ。

 栄養教諭は「世界的なイベントにちなんだ給食を通じて、世界へ目を向け、外国の食文化に関心を持つきっかけにしてもらえたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52