阿智村共同調理場がブラジル料理を給食に

学校・教育

[ 2014年 6月 20日 金曜日 9時44分 ]

 阿智村学校給食共同調理場は18日、サッカー・ワールドカップ日本代表を応援しようと、開催国ブラジルの料理を取り入れた特別献立を行った。村内の5小中学校へ提供。普段とは違う料理に子どもたちは世界の国へ思いをはせていた。

 この日の献立は、パンと牛乳に加え、コシーニャ風コロッケ、豆料理のフェイジョン、ブラジルで好まれる焼きそば、サッカーボール型のチーズと一風変わった内容。

 コシーニャはポルトガル語で「もも」の意味で、ゆでたジャガイモで鶏肉を包んで揚げたブラジル風のコロッケだ。一方、フェイジョンは、インゲン豆を塩味で煮込んだもので、ご飯にかけて毎日食べる「日本でいう味噌汁のような存在」だという。

 阿智第一小学校6年生の教室では、隣接する同調理場の栄養教諭が訪れ、献立について紹介。「ブラジルでは豆を毎日食べるのが健康の秘訣」などの話を聞きながら、給食を味わった。

 フェイジョンを食べた女子児童は「塩味だけど、ちょっと甘くて思ったよりもおいしい」と感想。男子児童は「いつもと違う味で新鮮。これでサッカーももっと応援できそう」と喜ぶ。

 栄養教諭は「世界的なイベントにちなんだ給食を通じて、世界へ目を向け、外国の食文化に関心を持つきっかけにしてもらえたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞