阿智村共同調理場がブラジル料理を給食に

学校・教育

[ 2014年 6月 20日 金曜日 9時44分 ]

 阿智村学校給食共同調理場は18日、サッカー・ワールドカップ日本代表を応援しようと、開催国ブラジルの料理を取り入れた特別献立を行った。村内の5小中学校へ提供。普段とは違う料理に子どもたちは世界の国へ思いをはせていた。

 この日の献立は、パンと牛乳に加え、コシーニャ風コロッケ、豆料理のフェイジョン、ブラジルで好まれる焼きそば、サッカーボール型のチーズと一風変わった内容。

 コシーニャはポルトガル語で「もも」の意味で、ゆでたジャガイモで鶏肉を包んで揚げたブラジル風のコロッケだ。一方、フェイジョンは、インゲン豆を塩味で煮込んだもので、ご飯にかけて毎日食べる「日本でいう味噌汁のような存在」だという。

 阿智第一小学校6年生の教室では、隣接する同調理場の栄養教諭が訪れ、献立について紹介。「ブラジルでは豆を毎日食べるのが健康の秘訣」などの話を聞きながら、給食を味わった。

 フェイジョンを食べた女子児童は「塩味だけど、ちょっと甘くて思ったよりもおいしい」と感想。男子児童は「いつもと違う味で新鮮。これでサッカーももっと応援できそう」と喜ぶ。

 栄養教諭は「世界的なイベントにちなんだ給食を通じて、世界へ目を向け、外国の食文化に関心を持つきっかけにしてもらえたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42

環境保全の計画公表

11月17日火曜日15:16

8年ぶりにカメラ発見

11月16日月曜日15:16








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞