阿智第一小が中之橋の建設工事見学

学校・教育

[ 2016年 11月 29日 火曜日 15時09分 ]

003阿智中之橋

 

 阿智村駒場と伍和をつなぐ中之橋の建設工事の見学会が28日、現地で開かれた。阿智第一小学校3、4年生54人と近隣住民が訪れて、橋桁(はしげた)の鋼材が組み合わされる様子を見守った。

 施工業者の南信土建・綿半ソリューションズ特定建設共同企業体が、工事見学を通じて建設業に関心を持ってもらおうと開催。9月にも緑ケ丘中学校の生徒を対象に飯田市松尾の綿半ソリューションズ橋梁部工場で橋桁の見学会も行っている。

 訪れた子どもたちは、中之橋の概要について村の担当者から話を聞き、綿半ソリューションズの小木曽孝さんから工事の説明を受けた。松尾の工場で製造された橋桁の鋼材はトレーラーで中之橋まで運ばれ、23日からクレーンを使って組み立てられた。この日までにほとんどが完成し、子どもたちが見守る中、最後の一つの鋼材が取り付けられた。

 大きなクレーンで鋼材が持ち上げられると「すごーい」と歓声が上がった。鋼材は、橋にぴったりと組み合わされ、ボルトで固定された。

 工事の様子を見て同校4年の男子児童らは「すごい迫力。あんなに大きなものがぴったり入って驚いた」、「危険な作業を命がけでやっている。大きなクレーンを近くで見たのは初めてでうれしかった」と話した。

 同橋の建設は65%の国庫補助を受けて阿智村の事業で行っている。今後、上部の舗装などや進入路の開設、旧橋の撤去などを行う。総事業費は4億円ほどを見込んでおり、完了は2019年3月を予定している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41

定数3超の26派が出席

4月13日火曜日16:18

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52

スポーツでの交流拠点に

4月9日金曜日16:46

与野党対決火ぶた

4月8日木曜日15:42










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞