阿智第一小でこま回し大会 創意工夫の成果競う

学校・教育

[ 2012年 1月 16日 月曜日 12時09分 ]

阿智第1小こま回し 阿智村の阿智第一小学校で13日、伝統のこま回し大会が開かれ、全校児童が手作りごまの回る時間を競い合った。

 

 前身の会地小学校時代から力を入れる「理工活動」の一環で、阿智第一小としては33回目の大会。創意工夫してものを作る楽しさを知ることを目的としている。

 

 1、2年生は棒に紙テープを巻いた紙ごま、3、4年生は木を削って作った「たたきごま」、高学年は鉄枠を付けた「鉄ごま」を製作。大会に向けて練習を重ねてきた。

 

 こまが長く回るよう、軸の削り方にこだわった6年生の松原博君は、1回目で2分18秒を記録。2回目は10秒程度で止まってしまったが、失敗を明るく笑い飛ばして友達や保護者をなごませた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号