阿智第三小学校が「ひるがみにんにく食べるラー油」商品化

学校・教育

[ 2011年 7月 22日 金曜日 9時32分 ]

 阿智村特産のニンニクについて学習している阿智第三小学校(坂巻敏夫校長)の2年生7人が、村内の8店に採用された「ひるがみにんにくラーメン」に続いて、学校で育てたニンニク入りの「ひるがみにんにく食べるラー油」を商品化した。23日午前6時から8時まで、昼神温泉郷の朝市広場で販売する。

 学校で試作したものが保護者、教職員に好評だったことから「もっとたくさんの人に味わってもらいたい」と、地元産農産物の加工を手掛ける「ちさと東」(熊谷安倫社長、同村智里)に協力を依頼。20日に同社を訪れ、熊谷繁工場長の指導を受けながら調理とびん詰め作業に励んだ。

 自分たちで栽培した分に農家から分けてもらったニンニクを加え、唐辛子などさまざまな食材をブレンドすると、色鮮やかなラー油が出来上がり、子どもたちは拍手で成功を祝った。担任の川上達磨教諭は「いい香りがする。食べてもらう人には喜んでもらえるのでは」と笑みを浮かべた。

 110グラム入りで1個300円。160個を製造し、23日は100個を目標に販売する。びんの表面には一人ひとりの顔写真が入ったラベルを貼った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25

町の子どもどう育てるか

9月10日木曜日15:08

「実りゆく」をお得に見よう

9月10日木曜日15:00








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞