阿智第二小学校で足踏みによる代かき体験

学校・教育

[ 2013年 5月 17日 金曜日 9時46分 ]

 阿智村の阿智第二小学校で16日、足踏みによる代かきを体験する授業があった。横一列に並んだ5年生18人が水を張った田んぼを往復し、足で土をほぐした。

 第二小のある伍和地区はその昔、稲作に必要な水の確保に苦労した地域。伍和の村々は明治に入ってから、遠く浪合から恩田井を協力して引くなどして水不足を解消してきた。

 4年次の社会科では、江戸期の水田経営の重要性、伍和にとって水利の確保は命題だったこと、機械のない時代の作業は苦労が多かったことなどを学んだ。

 この日の作業は昔ながらの代かきをすることで、水のありがたみや先人の思いを体で学ぼうと実施。担任の教諭は「昔の人たちの思いを感じて。大変かもしれないが頑張ろう」と励ました。

 学校前にある約200平方メートルの水田に集まった18人は、恐る恐る田んぼに足を踏み入れると、ロープを持って横一列に。歌のゆっくりとしたテンポに合わせ、つま先でグッと押す要領で何度も往復して土を柔らかくした。

 泥の感触を楽しみながら、仲間と一緒に初めての足踏み代かきに励んだ男子児童は「足の後ろが変な感じがして面白い」と笑顔。教諭は「飽食の時代だが、昔ながらの作業を通してコメ一粒を大事にした昔の方々の思いを実感してくれたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52