阿智高生が福祉体験学習

学校・教育

[ 2016年 6月 27日 月曜日 9時48分 ]

 阿智高校の地域政策コースの3年生福祉エリアの生徒5人は24日、阿智村社会福祉協議会の協力で福祉体験学習を行った。高齢者の疑似体験やアイマスク、車椅子の体験などを通じて介助される側の気持ちを学んだ。

 地域政策コースは、特色ある学校づくりの一環として昨年度から本格的に始まった。地域の担い手となる人材育成を目的に▽観光▽農業▽福祉―の3つのエリアごと、地域の事業所と連携した実習が行われている。ことしは2年生19人、3年生18人が同コースを選択した。

 福祉エリアの3年生5人は昨年、地域の保育園や障害者施設、高齢者施設などで実習を重ねた。本年度は、1人1施設で丸1日かけて実習する「1日実習」を行っているほか、点字や手話なども学ぶ。

 同日は村社協の金田智代さんと高見知行さん、地域おこし協力隊の植松史歩さんを講師に校内で体験学習を行った。金田さんは「福祉は自分の周りの全ての人が幸せであるようにすること。年をとると目が見えなくなり耳が聞こえなくなる。頭で分かっていても実感するのは難しい。体験することでどう接したらいいのか感じてもらいたい」と呼び掛けた。

 高齢者疑似体験では、足や腕の関接を覆うサポーターやおもり、白内障や視野の狭さを体感するメガネ、耳栓などを身につけて階段の上り下りや財布からのお金の出し入れ、服の着替えなどに挑戦。一つ一つの動作が大変で時間がかかることや視界がぼやけて天候やコンロの炎を判別しにくいことなどを体験した。

 高齢者を体験して同校3年の生徒は「この状態で車が通る道を歩くのは大変なことだと思う。座ったり立ち上がったりするだけでも窮屈だった」と話した。生徒らはアイマスクや車椅子でも同様に、介助役と介助される側を交互に体験した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30