集中できる学習の場を

学校・教育

[ 2021年 1月 21日 木曜日 15時43分 ]

 平谷村は、子どもたちに集中して学習に取り組んでもらおうと、新たな学習拠点「TERAこや」を開設した。16日にはイベントを開き、村の子どもたちに向けてお披露目した。

 県産材の利用促進を図る県の「『子どもの居場所』木質空間整備事業」を活用し、コミュニティー施設「ひらひら平谷」の隣接地に整備。木造平屋建てで、12畳の教室を備える。

 これまでは、小学生対象の「寺子屋」や中学生に個別指導する「公設塾」などの学習支援事業を「ひらひら平谷」で実施してきたが、同施設が遊ぶ場所でもあるため、「子どもたちの切り替えが難しい」として新設を決めた。

 16日のイベントには10人ほどの子どもたちが参加。テープカットに続いて内覧会を行った。子どもたちは「木のにおいがする」「私はここに座る」と新しい木の質感を触って確かめたりしていた。

 「TERA」は1兆倍を表す数の単位。子どもたちに大きな夢を持ってもらいたいと願って決めた。

 平谷小学校1年生の女子児童(7)は「みんなで楽しく勉強できそう」と笑顔。村地域おこし協力隊の鈴木温未さん(30)は「中高生の受験勉強としての利用や、ギャラリー開催、リモートワークなどさまざまな活用法ができれば」と話した。

 10人ほどが学習可能。今後は寺子屋や公設塾で利用するほか、自習スペースとしても開放する予定だ。

◎写真説明:新施設のテープカット

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53

伊達の奏者と遠隔交流

2月25日木曜日15:24

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51

小黒川導水路トンネルが貫通

2月19日金曜日15:44

3団体がプロモ成果報告

2月18日木曜日15:28










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞