飯田風越高でOGによる食文化特別講座

学校・教育

[ 2015年 11月 19日 木曜日 9時02分 ]

 飯田風越高校で18日、卒業生による食文化の特別講座があり、阿智村清内路にドイツパンの店「ベーカリー&カフェ・アントン」をことし4月にオープンさせた櫻井こずえさんが、パンを中心としたドイツの食文化について後輩28人に語った。

 櫻井さんは製菓製パン専門学校を卒業後に国内のパン店で3年働いてから、本場のパン作りを学ぼうと渡独。2年間修業して帰国し、子どものころから愛読してきたドイツ人絵本作家の童話をモチーフにした店を郷里に開いた。

 特別講座は卒業生から生きた情報を得ようと企画し、櫻井さんはドイツには大小合わせて1500種類以上のパンがあること、小麦粉とライ麦の割合によって名前が変わり、法律で定められていることなどを紹介。マイスター制度にも触れた。

 日本のパンが白くて柔らかいものが多いのに対し、ドイツのパンは「どっしりと重く、食事に合うようシンプルな味付けのものが多い」といった説明を聞いてから、店で焼いたライ麦パンを試食した生徒たちは「独特の風味があっておいしい」と話していた。

 日本との違いに興味を示した生徒たちは、渡独時の心境や準備、ドイツを選んだ理由などを積極的に質問した。

 「驚いたことは?」という質問に櫻井さんは難民の多さを挙げ、「国は難民を受け入れるが、言葉の問題などで働き口は少なく、条件も悪い」と滞在時の印象を語った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01

阿南町で和合の念仏踊り始まる

8月14日火曜日13:03

飯田で国際会議が開幕 人形劇のAVIAMA総会 アジアで初開催

8月11日土曜日14:00

泰阜村 松島村政6期24年に幕 拍手に包まれ笑顔で退任 

8月11日土曜日14:49

総文祭 飯田女子高で人形劇部門開催 人形で巧みに心情表現

8月10日金曜日16:14

「シャルルヴィル・メジェール通り」命名式 飯田市が友好都市30周年記念し

8月10日金曜日15:30

飯田と友好提携30周年 仏シャルルヴィル・メジェール市長が来訪

8月9日木曜日16:52

待望施設の開業祝う 大鹿村道の駅「歌舞伎の里 大鹿」

8月9日木曜日16:48

新棟建設へ協力募る 修学旅行受入れ視野に 満蒙開拓平和記念館

8月9日木曜日15:49

激戦地で平和を願う 阿智村の小中学生が沖縄訪問

8月8日水曜日15:29

健常者にない表現力を 5施設がアートで交流

8月8日水曜日15:20

水中の世界繰り広げ 巨大人形劇「さんしょううお」公演

8月7日火曜日15:44

6日に飯田で観測史上最高37.7度 夜に大雨、降ひょう被害も

8月7日火曜日15:01