風越高国際教養科がイングリッシュデー

学校・教育

[ 2014年 4月 21日 月曜日 9時37分 ]

 飯田風越高校で19日、国際教養科の1年生を対象にした「イングリッシュ・デー」があった。英語の表現力を磨くきっかけとして、グループ活動や昼食などを英語だけで行いながら1日を過ごした。

 英会話力を高めるとともに、今後の学習の動機付けに―と実施。校内外のALT5人と生徒41人が100周年記念館を会場に、グループ別の自己紹介、ALTの出身国やルーツに関連したゲーム、聞き取った内容の発表などを7時間ほどかけて行った。

 インド系で南アフリカ出身のALTのグループで学んだ女子生徒は、日本語を一切使わないプログラムについて「すごく難しいけれど英語に多く触れられ、とてもいい勉強になる」と話していた。

 イングリッシュ・デイは、国際教養科の創設時から1泊で行ってきた「イングリッシュキャンプ」の後を受け、毎年実施している活動。英語の指示に慣れるほか、異文化に対する理解を深め、クラスの仲間と打ち解けながら協調性を養うといったねらいもある。

 担任の教諭は「リスニングの力は総じて高い。3年間で表現力を高めてもらえたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞