風越高国際教養科がイングリッシュデー

学校・教育

[ 2014年 4月 21日 月曜日 9時37分 ]

 飯田風越高校で19日、国際教養科の1年生を対象にした「イングリッシュ・デー」があった。英語の表現力を磨くきっかけとして、グループ活動や昼食などを英語だけで行いながら1日を過ごした。

 英会話力を高めるとともに、今後の学習の動機付けに―と実施。校内外のALT5人と生徒41人が100周年記念館を会場に、グループ別の自己紹介、ALTの出身国やルーツに関連したゲーム、聞き取った内容の発表などを7時間ほどかけて行った。

 インド系で南アフリカ出身のALTのグループで学んだ女子生徒は、日本語を一切使わないプログラムについて「すごく難しいけれど英語に多く触れられ、とてもいい勉強になる」と話していた。

 イングリッシュ・デイは、国際教養科の創設時から1泊で行ってきた「イングリッシュキャンプ」の後を受け、毎年実施している活動。英語の指示に慣れるほか、異文化に対する理解を深め、クラスの仲間と打ち解けながら協調性を養うといったねらいもある。

 担任の教諭は「リスニングの力は総じて高い。3年間で表現力を高めてもらえたら」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞