風越高校生が水引体験~伝統技術肌で感じる

学校・教育

[ 2012年 6月 21日 木曜日 15時55分 ]

 飯田風越高校の普通科3年生19人はこのほど、家庭科選択講座「服飾手芸」の授業で水引体験実習を行った。講師を招いて郷土の伝統技術を肌で感じた。

 服飾手芸の選択講座は染色や小物など手作りの良さを学んでいく授業内容。この日に先立ち水引の歴史などについて学んだ生徒たち。上殿岡の木下水引から講師を迎え、水引を使った花飾りに挑戦した。

 生徒たちは、3本の水引をそろえて右手に持つと、輪を作り、先端をそろえて輪の中に上から通す―など一連の工程を講師に教えてもらうと、用意された教材で花作りに取り組んだ。

 「ここを通すんだよね」「そうそう」など、工程を早く進む生徒が隣りの友だちに教えるなどし、最後に輪の大きさを整えて完成させた。担当の教諭は「地域の伝統を見たり聞いたりするが、実際に触れる機会は少ない」とし、「今後、ストラップやブローチ作りに応用できれば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞