風越高野球部が文字鶴に誓う 母の会らが1万羽折る

学校・教育

[ 2016年 6月 21日 火曜日 12時54分 ]

 全国高校野球選手権長野大会へ向け、飯田風越高校野球部の激励会が18日、飯田市鼎東鼎のJAみどりの広場で開かれた。保護者会の「母の会」やマネージャーらが1万羽ほどの折鶴で作成した千羽鶴と文字鶴が贈られ、選手たちは夏大会での活躍を誓った。

 同部は毎年、夏大会へ向けマネージャーと3年生の母親らが文字鶴や千羽鶴を折って選手を応援している。ことしの文字鶴は「個性あふれる選手一人一人に輝いてほしい」との願いを込め「煌星(きらぼし)」の字を選んだ。黒、赤、黄色の「風越カラー」の千羽鶴は、チーム目標の「一意専心」にちなんで1104羽の折鶴で作成した。

 折鶴作りは昨年の秋大会後から開始。2月から4月にかけての3カ月間は、母親たちが毎週金曜日に丸山公民館に集まって作業した。3300羽余の折鶴を組み合わせて文字鶴を作った。

 一方、マネージャー4人は全部員50人と監督、顧問教諭を含めた53人分の1人100羽ずつ計5300羽の折鶴を用意。また、マネージャーの母親らは千羽鶴を彩る野球帽と校章、ユニフォームを着たマスコットのぬいぐるみ3体を作成した。

 3年のマネージャー(18)は「保護者の方たちの協力がなければできなかった。一人一人が100%の力を出し切って、きらきらと輝いてほしい」と思いを伝えた。

 折鶴の激励を受けた主将(17)は「部員だけで野球をやっているんじゃないことをあらためて感じた。支えてくれる人に自分たちの成長した姿を見せれるよう、全力を発揮していきたい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58

安心して果物狩りを

9月11日金曜日15:52

拡大備えて検査体制充実

9月11日金曜日15:25








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞