飯伊公立7校で学力検査 高校入試後期選抜

学校・教育

[ 2018年 3月 7日 水曜日 15時32分 ]

検査室で試験官から注意事項の説明を受ける受験生(飯田高で)

 2018年度の公立高校入学者の後期選抜(一般入試)が7日、県内各校で一斉に行われた。飯田下伊那の公立7校では、全日制17学科の募集人員856人(前年度920人)に対し796人(同924人)が志願し、学力検査を受けた。平均志願倍率は0・93倍で前年度(1・00倍)を0・07ポイント下回った。

 飯伊7校の全日制17学科のうち、倍率が1倍を上回ったのは飯田の理数、飯田風越の国際教養、下伊那農業のアグリサービス、飯田OIDE長姫の電気電子工学、飯田風越の普通の5学科。松川(普通)、飯田OIDE長姫の機械工学と商業、下伊那農業の園芸クリエイトの4学科がちょうど1倍となり、残りの8学科は1倍を下回った。

 飯田市上郷黒田の飯田では、普通(募集人員200人)に181人、理数(同12人)に25人が志願し、倍率は普通0・91倍、理数2・08倍となった。

 受験生は、所定の時間までに受付を済ませると持ち物検査を受けた後、午前9時35分からの試験開始に備え、控室から検査室に移動。試験官から注意事項の説明を受けた。検査は午前中、国語、数学、社会、午後から理科、英語(リスニングを含む)の順に50分ずつ行われた。

 合格者の発表は16日午前8時半から各校の掲示板のほか、同9時半からホームページで受験番号を発表する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

ギネス記録更新へ

2月24日水曜日16:50

「難局乗り切る」姿勢強調

2月24日水曜日15:16

流通システム構築し好循環

2月23日火曜日13:58

地域の力で竹林整備を

2月23日火曜日13:35

心一つにつながる音楽祭に

2月22日月曜日15:00

観光軸に広域連携を

2月22日月曜日15:47

下農高「校友会」が大賞

2月20日土曜日13:13

現新23人が出馬準備

2月20日土曜日13:42

ブロックごと体制構築

2月19日金曜日15:51

小黒川導水路トンネルが貫通

2月19日金曜日15:44

3団体がプロモ成果報告

2月18日木曜日15:28

137人・46社が参加

2月18日木曜日15:51

移住促進を一体的に

2月17日水曜日15:12

飯田市予算案21年度474億円

2月17日水曜日15:01

移住や広域観光で連携

2月16日火曜日15:23










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞