飯伊公立7校で高校入試後期選抜

学校・教育

[ 2016年 3月 10日 木曜日 9時33分 ]

 2016年度の公立高校入学者の後期選抜が9日、県内各校で一斉に行われた。飯田下伊那の公立7校では、全日制17学科で募集人員900人(前年度969人)に対し892人(同952人)が志願し、学力検査を受けた。志願倍率は0・99倍(同0・98倍)と2年連続で1倍を下回った。

 飯伊7校の全日制17科のうち、志願倍率が1倍を上回ったのは飯田の理数(1・92倍)をはじめ、下伊那農業の食品化学(1・25倍)、同じく農業機械(1・20倍)、飯田OIDE長姫の電気電子工学(1・20倍)など12科。

 逆に、1倍を下回ったのは阿南の普通(0・53倍)、飯田OIDE長姫の電子機械工学(0・85倍)など4科。

 阿智の普通は募集人員と志願数が同数となった。

 飯田市鼎名古熊の飯田OIDE長姫高校では、全日制6学科(募集人員140人)に151人、定時制2学科(同80人)に22人が志願している。

 受験生は、所定の時間までに受け付けを済ませると荷物検査を受けた後、午前9時35分からの試験開始に備え、控室から検査室に移動し、緊張した面持ちで試験官から注意事項の説明を受けた。

 検査は午前中、国語、数学、社会、午後から理科、英語(リスニングを含む)の各教科50分ずつ行われた。合格者発表は18日午前8時半から、各校の掲示板で行うほか、同9時半から各校の公式ウェブサイトで発表する。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38

飯田市予算案20年度458億円

2月18日火曜日15:58

129チームがたすきつなぐ

2月17日月曜日15:51

千代ネギに多彩メニュー

2月17日月曜日15:15

建設の判断先送りに

2月15日土曜日14:22

迫力舞台で観光客ら魅了

2月15日土曜日14:49

買い物弱者の手助けに

2月14日金曜日15:58

春告げるフクジュソウ

2月14日金曜日15:39

カンザクラが春を告げる

2月13日木曜日15:43

ザゼンソウ開花し春の訪れ

2月13日木曜日15:42

おき渡り1年の幸福祈願

2月12日水曜日15:04

モモさん題材のオペレッタも

2月12日水曜日15:54

無病息災願い事の神送る

2月11日火曜日13:28








記事の検索はこちらから
















スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞