飯伊共育フォーラム 多彩な分科会を楽しむ

学校・教育

[ 2011年 11月 16日 水曜日 16時29分 ]

 県教職員組合下伊那支部は12日、「2011飯伊共育フォーラム」を鼎小学校で開いた。児童や保護者、教職員ら約200人が参加し、スポーツや料理、工作など11の分科会を通してさまざまな体験を行った。

 子どもや保護者、教職員が共に学び、育つ機会にしようと開く恒例行事。ことしはヨーガや水ギョーザ作り、理科実験などが企画された。

 絵手紙作りの分科会には約10人が参加。元根羽郵便局長で「絵てがみで自分史を作る会」指導者の鈴木伸治さんを講師に迎え、果物や野菜、木の葉などを題材に絵手紙の基本やコツを学んだ。

 「モミジは葉脈に沿って、薄い色を塗ってから濃い色を重ねるように」「リンゴは(球の)形に沿って筆を動かして」など、それぞれの素材に合わせた描き方を指導。割りばしで輪郭を描いてから、筆を使って彩色していった。

 「形がおかしくても、味がある絵でいい。送る人のことを思って文を書いて」と鈴木さん。ハガキに丁寧に描いた絵の横に一言を添え、鈴木さんが手作りしたゴム印を押して完成させると、友だちや家族と見せ合っていた。

 友だちと参加した女子児童(11)は「絵手紙を書くのが好きで参加した。きょうはカキとリンゴを描いた。色がうまくできたと思う。先生とおじいちゃん、おばあちゃんに出したい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

コミュニティスクール発足

3月5日金曜日15:54

ICTによる貢献誓う

3月5日金曜日15:28

演劇通じコミュニケーション

3月4日木曜日15:56

「駅前プラザ」(仮称)イメージ示す

3月4日木曜日15:34

「森林環境教育の模範」

3月3日水曜日15:56

安全に遊べるおもちゃを

3月3日水曜日15:40

ロボコンで全国優勝

3月2日火曜日15:14

学びを糧に新たな進路へ

3月2日火曜日15:58

遠山郷の可能性探る

3月1日月曜日15:35

走って火災予防啓発

3月1日月曜日15:58

知財活用表彰で大賞受賞

2月27日土曜日13:19

桜井さん金賞に輝く

2月27日土曜日13:35

今年も飛来し使ってね!

2月26日金曜日15:02

再就職状況など報告

2月26日金曜日15:38

手作り菓子に感謝を込め

2月25日木曜日15:53










記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞