飯伊8高校で前期選抜

学校・教育

[ 2011年 2月 3日 木曜日 9時58分 ]

 2011年度県立高校入試の前期選抜試験が2日、県内各校で一斉にあった。飯田下伊那の8校は計15学科で面接試験などを実施。志願者計672人が高校生活への期待を胸に、日ごろ培った学業や部活の成果、熱意や夢を試験官にぶつけた。

 飯伊8校のうち、飯田市座光寺の飯田工業高校(篠田宏校長)には、機械科(前期募集人員20人)で36人、電子機械科(同)で29人、電気科(同)で47人の計112人が午前と午後の部に分かれて受験。面接会場9カ所ごと順番に、試験官3人との面接に臨んだ。

 多くの受験生たちが緊張した面持ちで礼儀正しく入退室。1人あたり15分を目安に、志望動機や中学校で頑張ったこと、ものづくりへの興味、高校で学びたいこと、将来の夢などといった質問に答えた。

 本年度の県内の高校志願予定者数(昨年12月20日現在)は2万825人で、このうち36・1%にあたる7514人が前期選抜に出願した。今回の前期選抜では、飯田や飯田風越など県内28校の普通科が実施をとりやめた。

 全日制課程の定員に対する平均倍率は全県が1・63倍。飯伊8校15学科は計440人を前期で募集したところ、1・53倍にあたる計672人が志願した。合格発表は10日午後1時以降に各校内やホームページ上で実施。入学確約書の提出期限は17日正午となっている。

 一方、後期選抜の志願受付期間は23日から25日まで、志望変更受付期間は28日から3月3日正午までで、学力検査は同9日に行う。同18日午前8時半以降に合格者番号が各校で掲示される。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

3社で最大120人が離職

12月3日木曜日15:55

診療所の医師確保へ前進

12月3日木曜日15:56

「まんまるしぇ」にぎわう

12月2日水曜日15:21

コロナに負けず「子どもに夢を」

12月2日水曜日15:02

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞