飯田コアカレッジ学生がパソコン教室開講

学校・教育

[ 2015年 3月 16日 月曜日 13時36分 ]

 飯田市松尾明の飯田コアカレッジITビジネス科の1年生7人が14日、一般を対象にした無料パソコン教室を開講した。33人を迎え、自分たちで企画したインターネットの活用と、簡単健康管理の2コースを設営した。

 「公設民営の専門学校として、地域に貢献しよう」と、4年前から開講。キャリア能力の発達を促す学習課程の一環として取り組み、学生たちは10月から講座内容の検討や、テキスト作成などの準備を重ねてきた。

 インターネット活用の講座では、天気予報やニュースを見るといった基本に加え、ラジオを聞いたり、動画を見たり、地図の中を散策するなどネットの楽しさを味わえる活用方法を紹介。健康管理では、血圧や体重などを入力するだけで情報を管理し、グラフにできるソフトの使い方を説明した。

 両講座とも講師の学生が前方スクリーン上で実際に操作しながら手順を伝え、参加者たちが同じ操作をする流れで、他の学生が机間をめぐってマンツーマンで解説を加えた。

 同市鼎上山から参加した男性(69)は「若い感性で遊び心いっぱいに教えてくれて、とても分かりやすかった」と評価。学生代表(20)は「パソコンに触れたことがない人のために、分かりやすく丁寧に説明することに心掛けた。いつもは教えられる立場にあるので、教えることの難しさをより強く感じた」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio