飯田コアカレッジで卒業式開く

学校・教育

[ 2016年 3月 11日 金曜日 8時48分 ]

コアカレッジ卒業式

 飯田市松尾明の学校法人コア学園飯田コアカレッジ(坂巻道弘校長)は10日、第28回卒業式を同学園で開いた。2年間の課程を修めた卒業生9人が、在校生や恩師、保護者らに見守られる中で学び舎を巣立った。

 式典では、一人一人が登壇して坂巻校長から卒業証書を受け取り、来賓らから祝福の言葉を贈られた。

 坂巻校長は「仕事が大変だと感じる時もある。周囲に力を借りながら地道な努力を重ね、いつまでも学ぶ姿勢を忘れないで。リニア新幹線が開通する頃には、職場や地域の中心として活躍していると思う。地域のけん引者として頑張って」と激励した。

 また在校生を代表して、ITビジネス学科の森本拓真さんが送辞を述べ「学校で学んだことを生かし、チャンスを逃さず自分の目標を実現してください」とエールを送った。

 続いて卒業生を代表し、同科の勝野浩太郎さんが答辞。2年間の学校生活を振り返り「かけがえのない貴重な時間だった。これからは広い視野を持って大きく進み、母校の発展に寄与したい。飯伊地域の担い手となるべく、それぞれの分野で頑張る」と力を込めた。

 同校によると、本年度卒業生のうち8人は飯伊、1人は県外の事業所への就職が内定している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu



記事の検索はこちらから







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事